トップ » 良好な賃貸生活のヒント

東京の治安と賃貸物件のテナント

東京の賃貸マンションの一階や二階に、テナントとして喫茶店が入居している場合があります。喫茶店では、軽食も取り扱っていることが多いので、自炊に困ったときに駆け込むのも便利です。また多くの飲食店があり、一人暮らしをしていても、外食で健康にも配慮した食事を心がけることは容易になっています。東京の賃貸マンションに喫茶店が入居していても、治安が悪くなるということは稀だと言えます。むしろ喫茶店が入店していることで、人の気配がありますから、治安にも良好の場合も多いのです。

賃貸に暮らすメリット

20代までは賃貸マンション、アパートで暮らす人が多いですが、30代になると一気に持ち家率が上がります。総務省の家計調査による年代別持ち家比率(全国)は、20代は10%以下なのに対し、30代は50%となっています。40代以降になるとさらに上がります。一般的にマイホームを購入する場合は、初期費用として、物件価格の約20%の頭金と、印紙税、ローン融資手数料などの諸費用が約7~8%かかります。賃貸の場合は初期費用が安く済み、転勤で引っ越しが必要な場合でも柔軟に対応できます。

HOME | SITEMAP

© Copyright 賃貸契約する物件について. All rights reserved.